women

シミ取りの施術

美容皮膚科の美肌ケアの歴史や変遷

women

美容皮膚科では1970年代頃より、シミ取りなどの美肌ケアの施術を行っていました。大阪の美容皮膚科でも美肌ケアは盛んに行われるようになり、美肌ケアは脱毛と並ぶ美容皮膚科の看板メニューとして確立されました。 1990年代の後半になると、医療機器の進歩によって、メスを使わずにシミ取りなどの美肌ケアが行えるようになりました。大阪の美容皮膚科でも、メスを使わない施術が主流になってきました。 2000年代になると、超音波を使った医療機器による美肌ケアが行えるようになり、シミ取りもサーマクールやフォトフェイシャルで行えるようになりました。医療機器の性能は年々良くなり、2010年代になると、痛みを最小限に抑えた施術が可能になりました。

シミ取りなどの美肌治療の特徴

大阪の美容皮膚科で行われている美肌治療の施術には、シミ取りやシワ取り、たるみの改善などがあります。美肌治療を受けることによって、気になるシミやシワ、たるみなどを解消することができ、お肌が若返ります。 美容皮膚科での美肌治療は、フォトフェイシャルやサーマクールなどのように、医療機器を使用する方法が中心になっています。メスを使わずにリフトアップなどが可能であるため、従来の施術よりも安全性が大きく向上しています。 大阪の美容皮膚科で美肌治療を受けるためには、施術前にカウンセリングを受けることが必要になります。カウンセリングを受けることによって、自分の要望を実現できる施術をしてもらうことが可能になります。